08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゆるゆるいこう♪

日々いろいろありますなぁ

寒気じゃなくて 

さっきから急い寒気がするな・・・と思ったら、雪が降って少し積もってるんじゃん!


寒気じゃなく、寒い!!!・・・風邪じゃなくて良かった。


今日も本を見ながら筋膜リリースやってみました。どうしても出来ないポーズあるわ。四つん這いになって、手の甲と肘がマットについた状態で、しかも小指から肘まで両腕をぴったりつけてる状態。この時おケツは四つん這いのまんまの状態です。


でもって、そこからおケツを後ろに引いて踵に近づけるようなのですが、その時、ぴったりとつけてる両腕は、そのまんまって・・・はあああ???そんなの無理!!!途中で肘が少し離れちゃうのよ。肘を離さないように意識すると、今度はおケツが踵にくっつく以前に、そこまでは遠い道のり。


これね、猫背改善ポーズの一つ・・・・今は無理。この先もワカラン。



あと、やはり今も前屈ができないんだけど、先日も書きましがが、立ってやるのは指先だけは床につくようになった。が、これが座って足を投げ出した仕様(?)になると、全くもってビクともしない。上半身がほとんど傾斜しないのさ。これって足の後ろ側全体の筋が硬いってことか???中でも膝裏が硬い気がする。それを意識しながら筋膜リリースやってみます。


どうなることか、お楽しみに〜!・・・人体実験だね、ぷぷぷ。



また小難しい話の続き。





2日前くらいに、ふと思ったこと。


ここ数年前からの体の痛みって、もしかしたら少しずつ緊張がほぐれてきた、それもあるんじゃなかろうか?と。いえね、そういうお年頃でもあるんですよ。それは百も承知の助み(だから誰?)。女性ホルモンが急激に減ることによる自律神経失調症。ま、いろいろな症状が出るんでしょう。でもね、それを言ったら、子供の頃から自律神経失調症だわ、わたし。


あちこち痛むのが日替わりだったりして、それに対しキ◯ガイ扱いされたこともございます。が、昨年、これまた引き寄せられるように本屋で手にした本、それによって謎が判明した。世の中には敏感な気質の人間がいるそうで、そもそも気質とは、性格のように後から形成されるようなものじゃなく・・・


生まれ持った刺激に対する反応の仕方だそうです。


つまりは病気でもなんでもなく、ましてやキ◯ガイ扱いされる謂れはない。古傷が痛むから雨になる・・とか、誰にでも少しくらいはあるようなこと。それが超敏感な人も世の中にはいるってことで、しかも驚くことに15〜20パーセントくらいの割合で、敏感気質な人がいるらしい。


お仲間いっぱいじゃん!!!ってことなんですよ、わたしにとってはね。


これはHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)という概念だそうで、ま、これに関してはわたしの説明より検索した方が解りやすいんで、興味あったら調べてみてください。わたしは、このHSPという概念に出会って、どんだけ救われたか!!!あんまり言ったり書いたりすると、それこそまたイかれてると言われちゃうから、滅多にブログには書きませんが、どうして少し不思議な体験するのかも納得ができた。


しかも、生まれながらそんだけ敏感な気質を持ち合わせてるのが、幼少期の辛い経験で激増したみたい。わたしは不幸なんだ・・・つうか、だったんだ。なのに常に幸せなフリをさせられて、それが大きなトラウマになって、さらに倍増した敏感さ・・・・なんだと思う。今は幸せですよ。子供の頃も、どんな状況下にあっても、その中で自分なりの小さな幸せを見つけてこれた。たぶん、こっちは性格だと思う。


さて、わたしは自分を褒めてやりたい♪と思ってることの一つに、あんなババアどもみたいにならなくて本当に自分は偉いな!って出来事がある。ここで質問(?)です。あなたは10歳くらいの子供を道端でとっ捕まえて、「あんたのお父さんはだらしがないね!ろくに仕事もせず他人に(仕事を任せ)働かせ、売り上げだけピンハネしてて、まるで詐欺師みたいじゃないか!!!」なんて言えますかい?


女子高校生を家に招き入れ、こんこんと「あんたのお父さんは全くだらしがない」と説教ができますかい?それに対して少しでも言い返したら「親の顔が見たい!」なんて・・・はあ?親を知ってるから文句言ってるんじゃね?しかも当人じゃなく娘によ。こんなことは氷山の一角で、家庭の中はもっと悲惨だったけど・・・


こうした我慢がね、ここ数年前から少しずつほぐれてきてたんだと思うんだ。それが正解だとしたら、もしかしたら痛みは好転反応じゃなかろうか?と・・・話が逸れちゃったけど二日前くらいに、ふと思ったんですよ。そしたら今日、ネットの記事を読んでて、おおおおお!!!と思った文章があった。



嫌なことを我慢して自分を抑え込んでいると、確かに痛みを感じなくなりますが、同時によろこびも感じなくなります。



医者に言わせれば、ただの更年期の痛みかもしれないけど、物事って、どうやって感じ取るかは自分次第だと思うんだ。わたしはようやっと、自分の不幸の根源が何なのかを見つけた。自分の潜在意識が痛みという形に変えて、わたしに何かに気づけ!と教えてくれたと実感してる。今の流行りの言い方に変換すると、引き寄せたんだと思う。


もっともっと自分を信じて!!!と。


その声に応えるために今、昔の嫌だったことも、それに対して荒れた自分も、全て自分なのだと受け入れる努力をしてる。死なないでいてくれてありがとう!と感謝し、無視してごめんなさい!と謝罪し、もう嘘はつかないから許してね!と許しを請い、愛してるよ!これからは、やりたいことのために一生懸命に努力するからね!と誓ってる。



人間ができてないもんで、まだまだ許せないことが多いけど、自分が楽になるために怒りと憎しみを手放す努力をしないとね。腸煮え繰り返るほど悔しいけど(これは気性)、持ってても一つの役にも立たないどころか害になることは、手放すのが一番・・・きっと・・・たぶん・・・あぁ、まだまだ悟れねえや。


ま、死ぬまでには・・・だね。




Posted on 2017/03/06 Mon. 23:37 [edit]

category: 日常あれこれ

TB: --    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form