04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ゆるゆるいこう♪

日々いろいろありますなぁ

愛しの ちょうちんぶるまーず 

朝はお先真っ白だったようですが、バカ奥さま(自分だよ!)が起きた時間には日も差してきていた。んが、霧の季節到来でして、午前中は白かった・・・あぁ。昼からは晴れてきたけど、それでも今日も20℃に届かず。


冷たい海っぺり・・・ううう。


さて、こんなの描いてみたよ。少し大きい画像は絵日記ブログでどうぞ。

スキャン

実は、これ、プロモーション用。


はあ?でしょうか???


今まで本当に色々なものを作り出して参りましたが、先日も書いたように、ちょうちんぶるまーずは中でも本当に大切な存在な気がするのよね。もちろん自分が生み出した作品に優劣なんて付けたくないし、どれも全て愛情を注いできたんだけど、たぶん今の時期そのものが自分にとって、何かワカランが特別なんだと感じるのです。


思うんじゃなくて、感じるんです。


そんな年齢になってしまったというのも大きな要因だと思うけど、子供の頃からずっと抱えてた大きな苦しみを、ちょうちんぶるまーず(第1作目)を書くことによって、ようやっと手放せたんだと思う。手放したからといって憎しみは消えない。消すつもりもない。そんな労力を使いたくもない。


ただもう、ありのままの自分を受け入れるだけ。その時がやってきた、それだけのこと。


自分が生み出した作品を(過去に)守ってやれなかった悔しさもある。許すつもりはないが、それはそれとして、もう過去に振り回されるよりも、今を大切にしようと思う。自分が生み出したものが、誰かの心に響くかもしれないし、それを信じて・・・twitterで使おうかと。


が、明日からは絵画に戻ろうっと!





Posted on 2016/05/22 Sun. 19:22 [edit]

category: イラスト・絵画

TB: --    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form