07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゆるゆるいこう♪

日々いろいろありますなぁ

アイロンは七難隠す・・・隠れてない? 

昼から曇って来ちゃったなぁ、でも昨日の生コン運びが損だったかのように、アスファルト部分の雪はとけました。着実に春に向かってるのを実感。が、暖房を切る頃が怖い、あたくし。


ゆずちゃ!かーかー(カラス)でも(お外に)いるの?

DSC05272.jpg

・・・・・・・・。



お忙しそうでございます。




あまりにもふにゃふにゃなので気になり、アイロンをかけてみました。

DSC05273.jpg

アイロン台の上にブツを載せ、適度に形を整え、それをキープするのにアイロン台に直に待ち針で刺して止め、スチームを当ててみた。編みっぱなしの状態よりはマシになったかと。が、これをたくさん作って繋ぎ合わせる気持ちにはなりませんな。



・・・・何かが違う・・・きっと。



こんな気持ちを払拭できぬまま

DSC05279.jpg

一応、作ってみたもの全ての糸始末をし、アイロンもかけてみた。



ハウツー本を購入する前に適当に編んでみた

DSC05274.jpg

お花が盛り上がってるタイプ2つ。


この右側のバラの花らしきものは、途中から全く暗号の解読が出来ず、散々ぱら調べても解らず・・・・って、そりゃそうだよなぁ・・基本自体がうろ覚え状態。適当に完成させたけど、絶対に間違ってる自信あり。(おい!おい!)



先日、予約した図書館の本を受け取りに近くのコミセンに行ったのだけど、その時、たまたま(そこのコミセンで)見つけて借りて来たものは、どうやらレース編みの本だった。



お道具も材料(レース針もレース糸)も持ってないが

DSC05278.jpg

手持ちの細い糸で作ってみた、雪の結晶。



さて、さて、小学生の頃に覚えたかぎ針編みですが、その後、大人になって始めた編み物は棒編み。うろ覚えという言葉さえ適当じゃないくらい、かぎ針編みの知識が無い。鎖編みと細編みと長編み程度は憶えていたが、ハウツー本を読んで驚いたのが・・・もちろん自分に・・・えっ?



棒編みの場合、作り目を1段目と数えていたが(これだって20年以上ぶりの編み物の記憶ですよ)、かぎ針編みって作り目の鎖編みを1段目とは数えないのねぇ。でもね、それ以前に、先日も書いたけど、ここ?ここに針を入れるの?今まではどうしてたんだろうか?自分???って感じ。


・・・・覚えなきゃならないことばかり。



てな訳で、あまり飛躍せず、教科書どおりの物を作ってみた。

DSC05275.jpg

モチーフの大きさが揃わず・・・・ボロボロ。


一応、4枚を引き抜き編みってやつで繋いでみたが、4枚が交差した中央部分で訳が解らなくなり、基礎の基礎って本で解らないんじゃ、もはやこれまでか!!!と悲観に暮れた・・・大げさですかい?



かぎ針編みを始めてみて、いちばん何が気になるって、自分の左手の指。糸の引っ掛け方に違和感あるし、その糸の緩い感じが、編み進んで行くと更に緩んでしまい、なんとも動きがぎこちない。棒編みはどうよ?と考えてみると、左手でも棒を持ってるからか?ただの慣れか?



かぎ針編み・・・慣れるまで相当な時間がかかりそう。それこそ50の手習いか。



同じ毛糸でも

DSC05276.jpg

配色によって大きさが違う?



のでは無く

DSC05277.jpg

編み針の太さを変えたら、こんなに違う仕上がりに。



まずは基本を覚えないと作れないし、さらに自分に合った方法を考えないと作りたいイメージにも近づけない。かぎ針編み・・・・難しいなぁ。靴下も最初すごい苦労したけど、その比じゃないよ。


Posted on 2015/03/03 Tue. 15:15 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form