07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゆるゆるいこう♪

日々いろいろありますなぁ

ぼったくられ感ありあり 

我が家から車で10分ほどの場所に、イチゴとアスパラガスを作ってる農家があるというので、まずは連絡しないでも並べば買えるというイチゴの方へ行ってみた。11時からの発売と書いてあったが、その時間より前に到着しても既に人が並んでいて、並んでるだけじゃなく販売も始まっていて・・・


二組前で売り切れ???


が、しかし、それを諦められない目の前の老夫婦が、「(はねものが出るまで)待ってるから!」と言ってるので様子を見ていたら、直に(選別してはじいたものが)出て来たので、わたしたちも待つことにしました。が・・・目の前の老夫婦が支払ってる金額がお高いのに・・・・


クリビツ!!!


スーパーで売ってるのと変わらないようなお値段なのでございます。だもんで、どうするかな?と思っていたら、これまた直に自分たちの順番になってしまい、「せっかく来たんだし」って距離でもございませんが、並んでしまったから「2パックください」と買うことにいたしました。


最初に出て来たのが中ぐらいの粒の大きさので400円。パックの大きさは、ごく普通のスーパーで売ってるのと同じサイズ。で、その後に出て来たのは小粒で300円。「この2つで」と700円支払った直後、「こっちは大粒になります」という言葉と一緒に出て来たイチゴちゃん!そっちのが断然いいじゃん♪状態でして・・・


あ、やっぱこっちの(大粒)にして!


といったとたん・・・いきなり150円もアップですぜ!!!



買いましたよ。だって「そっち買う」って言っちゃったし・・・って、お子ちゃまかい!「味は変わらない」と言われましたが、ジャムにする訳じゃないので、大きいの選んじゃった。直に一粒ずつ食べてみたけど、久しぶりに食べるような・・・初めてのような・・・品種によってこんな味って違うもんなの?が・・・


この貧乏舌でも分かりましたわよ。


尖ってない、まろやかなスッキリした酸味が際立ってて、それでいて甘いの。先日、普段はお高すぎて買わない「あまおう」ってイチゴ、それに半額以下の割引シールが貼ってあったんで初めて食べてみたけど、あれも旨いね・・・そういう話題じゃないってか?あれとは真逆って感じ酸味が利いた甘み。


けど・・・産直にしてはお高い気がする。が、好みの味だから、たぶんまた買いに行くと思う。



それよか問題(?)なのは・・・アスパラガス。

スキャン 84

その話とは全く関係ございませんが、ミリペンで描いて透明水彩絵の具で着色してみた絵。


やっぱり良いねぇ、透明水彩絵の具も♪


イチゴに並んでいると、直ぐ後ろに並んだ女性が「買えないみたいだからアスパラの方に行くわ」と、どうやら知り合いに出会ったようで、そんなことを話し始めた。その会話の中で「アスパラはどこ?」「○○の隣よ」というのがあり、盗み聞きした訳じゃないが聴こえちゃったんだもん、やっぱ行くしか無いよね?


そのアスパラ屋、情報誌を見てもイマイチ場所が分からなかった。北海道の地図ってね、ちょっと街から外れると、な〜んも書いてないに等しい。目印になる建物もな〜んもないことが多い。だもんで、そのオバちゃんたちの会話の「○○の隣」で場所が分かったらしい・・・大将さんが。


しかも情報誌には「(直売してもらうには)事前に連絡を」って書いてあったけど、その人たちの会話で、行けば買えるのも分かった。で、行ってみたんですが・・・・


ギフトの金額かよぉおおおお!!! ってお値段。


クリビツテンギョウ!!!!!


大将さんの前任の職場、その町の無人販売で買って来てたアスパラガスの、ほぼ3倍って金額。しかも「1キロじゃないと売れない」ってことで、そりゃ断る良い理由になる♪と思って、「2人だから1キロは多いから」と言って帰ろうとしたら・・・


・・・内緒で・・・半分で売ってあげる


と言われてしまいまして・・・仕方なく三段階のうちの真ん中のMサイズだったっけかな?1キロ1800円ってやつを半分、500グラム900円もするの・・・・買ってしまいました。それでも安いじゃん!と思われると思いますが、前に大将さんが買って来てたアスパラは、もっともっと量が入っていて400円くらいだった・・・らしい。


しかも、そっちのが味が抜群に良かった!!!ときたもんだ。


もう2度と行かない・・・売ってあげる・・・・そんなとこ。気持ちも損した気分・・・ちっ!


ちなみに、そのアスパラは「はねもの」ではないらしい。「はねものが欲しいんだけど」と言ったら、「そんなものはない」と言われてしまいました・・・・オッサンじゃなくて30半ばの女性に。よく言えば素朴な人なのかもね。




そう、そう、イチゴの方。

初めてイチゴ農家のパック詰め作業を、それでもチラッと見えただけですが、ひとつひとつ丁寧に選別し、いらないもの(たぶん花びらとか葉っぱとかかな)を取り除き、手作業でキレイに並べてた。見栄えだけじゃなくグラム数もあるようだし、細かな作業が苦手な雑な人だったら続かない仕事なんだろうな。


あの作業の様子と、さっきまでハウスの中で成ってたのを考えれば、例えスーパーと変わりない金額だろうと(しつこい?)それだけの価値あるよね。イチゴちゃんの命は短い(6月一杯らしい)、また行こう。楽しみが1つ増えたわ♪

Posted on 2014/04/27 Sun. 22:03 [edit]

category: ぼやき

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form