07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゆるゆるいこう♪

日々いろいろありますなぁ

ちっちゃなミイが言いそうな言葉 

ドラッグストアの安売りの日なので、お猫さまのお砂など買いに行きました。だって5%はデカイ!と言いたいが、相変わらずレジから三歩もすりゃ、支払った金額すら忘れます。


ドラックストアから出て、真向かいのスーパーに歩いて行くと・・・雪?・・・いや違う!


雹が降って来ました。


晴れたり曇ったり雹が降ったりと、雲の流れも早いし、今日は変な天候だわ。


さて、またまたスルーする方は、ここで!って話を。





わたしは最初から何でもお見通し!!!

うーみんの、ちっちゃなミイなら言いそうな言葉ですが、この際わたしも言ってやる!!!



わたしは最初から気づいていた。


爺婆のことは全てバカ大将が 親を甘やかして来た結果 ってことを。


人の親孝行したいって気持ちにまで介入するつもりはないが、爺婆の異常ともいえる行動から直に、自分とは違った分野(なのか?)の「親に粗末に扱われてる人」というのが分かったので、きっと今日まで一緒にいたのでございましょう。



どれだけ言って欲しかったか・・・


うちの親のせいで迷惑かけて申し訳ないね って言葉を。


8月に婆の様子を見に帰省し、それからもう・・・本当に本当に本当に大変だった・・・姐さんが!もちろん大将さんも大変でしたが、この先、姐さんに一生、大将さんは頭が上がらないどころか、横浜に足を向けて眠れないくらい世話になった。


そんな激動の3ヶ月間の中で、やっと彼は見たのでしょう・・・今まで避けて見ようとしなかったもんが。


あれもこれも、そっちもこっちも、あっちも明後日も明々後日までも・・・がだ!!!


やっと、よ〜〜〜うやっと先日、


今まで散々(自分の親が)嫌な思いをさせてきちゃったね・・・本当に悪かった と言われた。



その一言が、どんだけ言われたかったか!


あたしゃ言ったよ!

爺婆のことは、どうだって良いんだよ。(と言いながら、とんでもなく、冗談じゃなく、どうでも良くないのが本音なもんで、こうして書いているんだよ・・・ふふふ)その言葉が出るまで、あんたは25年もかかったね。しかも、その言葉を言いたくがないために今まで、どんだけ頭ごなしにわたしのこと抑えつけて来たことか・・・



わたしが一番辛かったこと。


爺婆に対して 何を言っても信じてもらえなかったこと


わたしは何でもお見通しなんで(えっ?)、バカ大将が一番あのくそ親を受け入れたくなくて避けていたのは分かってますが、わたしは他人!!!!!!!!


ま、それからというもの、せっせ、せっせと、ことあるごとに説教こいてますが、わたしは自分のやるべきことはやった!と思える今・・・冗談じゃなく大将さんのこと・・・どうでも良くなって来た。彼は一人でも生きて行ける人だからかな?


でもね、あんな閉鎖的な家庭環境の中で育ち、婆が死んだ今は身内って呼べる人もわたししか居ないから、今回のことで初めて(それくらい姐さん奥さま旦那さま友人に感謝してるご様子)彼に家族が出来たと思う。幼い頃から1人で頑張りすぎるくらい頑張って来たのでしょう。もう餌食にするような人は、わたし以外には居ない。おい!おい!せめて心だけでもゆったりと生きて行って欲しいもんでございます。


だってそうじゃないと、また飛行機8万円。


この話は別枠で書きますわ。面白いよ・・・たぶん。


さて、もう大将さんのことが、どうでも良くなった!って話ですが、結局わたしは大将さんを助けて来たというより、こうして自分の精神を開放するために頑張って来たような気がする。しかも役目を果たした感までもがMAXなので・・・常識的な身の丈の範囲で・・・


もう我慢する人生は止めよう!と思う。



長くなったので、別枠に・・・つづく。

Posted on 2013/11/20 Wed. 16:33 [edit]

category: ぼやき

TB: --    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form